引越し 単身パック 料金

【知らないともったいない?】単身パックは引越し料金が安い

 

単身で引越しをする場合、家具や家電もあまり大きくないし、
荷物も少ないのでそれほど引越し料金はかからないだろうと思って見積もりを請求してみると、
思った以上の金額がかかることがわかったという人がいます。

単身で引越しをする場合、通常の引越しプランよりもお得なプランがあります。
それが単身パックです。

今回は単身パックの詳しい説明と料金についてご紹介しましょう。

 

【知らないともったいない?】引越し 単身パックの料金を安くする方法! オススメ 引越し一括見積もりサービスはこちら

 

単身パックって何なの?

単身パックとは大手宅配業者であるクロネコヤマトや日本通運が提供する単身用の引越しプランです。

 

1人暮らしや単身赴任をするサラリーマンなどを対象としたサービスであり、
荷物が少ない人にぴったりです。
押入れ程度の専用のボックスに荷物を詰め込んで運送するシステムであり、
引越しというよりも宅急便のイメージに近いかもしれません。

 

この単身パックは通常の引越しプランよりも料金設定が安く
リーズナブルに引越しを行うことができますよ。

 

通常の引越しの場合、単身でも2トントラックを1台用意する必要があります。
そうするといくら近距離への引越しでも3〜5万円前後の料金がかかってしまうでしょう。

しかし単身パックであれば1万円台からの引越しも可能なのです。

 

単身パックの料金設定

では気になる料金ですが、今回は単身パックサービスの大手ともいえるクロネコヤマトと
日本通運を比較してみましょう。

 

まずはクロネコヤマトです。

クロネコヤマトには単身パックの種類がSサイズとLサイズがあります。
荷物が少ない人は金額の安いSサイズがおすすめです。
Sサイズが13650円〜の料金であり、Lサイズが14700円〜の料金になります。

 

一方日本通運もクロネコヤマトと同じくSサイズとLサイズがあります。
こちらはSサイズが17850円、Lサイズが18900円になりますので、
若干クロネコヤマトの方が基本料金は安い設定になります。

 

しかしこの料金はあくまで基本料金であって、
ここからシーズン的な追加料金や、荷物が増えた場合は2ボックス利用しなければなりません。

 

また距離によっても料金は変化していきますので、
単身パックで引越しをする際も見積もりは事前に取るようにしましょう。
また今回はクロネコヤマトと日通を比較しみましたが、
他の引越し業者でも単身パックサービスを提供しているところがありますので探してみるとよいでしょう。

 

各引越し業者の単身パックの相場表です

 

引越し単身パック(大)

引越し単身パック(小)

BOXサイズ

料金

BOXサイズ

料金

日通

1.88m3

18,900円

1.23m3

17,850円

クロネコヤマト

1.83m3

14,700円

1.40m3

13,650円

アート引越しセンター

1.85m3

16,300円

1.35m3

14,500円

アリさんマークの引越社

1.87m3

17,900円

1.38m3

14,800円

アーク引越しセンター

1.86m3

16,700円

1.36m3

14,450円

ハトのマークの引越しセンター

1.85m3

15,800円

1.28m3

13,800円

引越しのサカイ

要見積もり

要見積もり

大きな家電や家具があると単身パックは無理?

単身パックは専用のボックスに荷物を入れて引越しをするので、
冷蔵庫や洗濯機、たんすなどの大きな家具や家電がある場合は無理と思うかもしれません。

 

しかし追加料金さえ払えば単品で大型家具や家電は運送してくれます。

 

しかし家具や家電の量が多い場合、単品で輸送していると金額が高くなってしまいますので、
単身パックを利用するよりも通常の引越しプランを利用した方が楽ですし、
料金も安くなることもあります。

 

まずは一度見積もりをとってみて、自分の荷物量では単身パックの方がお得なのか?
それとも通常の引越しプランの方がお得なのかを比較検討してみるとよいでしょう。

 

【知らないともったいない?】引越し 単身パックの料金を安くする方法! オススメ 引越し一括見積もりサービスはこちら

 

単身パックをできるだけ安くするためには?

単身パックは決められた業者でしかおこなっていないので料金を安くするのは無理なのでは?と感じるかもしれません。
しかしそんなことはないのです。
インターネット上で見積もりがもらえる引越し見積もり一括請求サイトを利用して
単身パックを行っている複数の業者から見積もりをとってみましょう。
すると料金に差が出ますので、安い業者だけを2〜3社に絞ってそこから価格交渉を行っていきます。

 

するとはじめに提示された金額よりも安い料金で引越しをすることはできますよ。
単身パックでも引越し業者を選定する前には
見積もりを複数社から請求することを忘れないようにしましょうね。
また引越しを行う時期や荷物の量によって値段は大きく異なります。

 

単身パックの場合荷物も少ないので、午後便やフリー便でも十分に引越しは可能でしょう。
また荷物が少なければ1つのボックスで収まりますので、できるだけ荷物は少なくするようにします。
例えば家具や家電などの生活に必要な大型のものはできるだけ新居先で購入するようにしたり、
いらない荷物は捨てたりすることで、全体の荷物量は減るでしょう。

 

引越しシーズンも重要なポイント。
3月4月は引越し繁盛期になるのでどうしても料金が高くなってしまいます。
時期を変えられない場合は仕方がないですがもし遅くしたり、早くしたりできる場合には
3月末から4月上旬のハイシーズン時期を避けて引越しをすれば
料金は半値以下に抑えることも夢ではありません。

 

引越し口コミサイトもチェックしてみよう

引越し見積もり一括請求サイトの中には引っ越し業者の口コミや評価が掲載されているとサイトもあります。

 

見積もり金額が同じくらいで、サービス面の違いで迷っているという場合には、
それぞれの業者の口コミをチェックして総合的に判断して決めるというのもよいかもしれませんね。

 

実際に利用した人の生の声をチェックできるのはとてもありがたいです。

 

引越し 単身パックの料金を安くする方法!オススメ引越し一括見積もりサービス


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの
提携企業の中から最安値を探せます。

 

 


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば
驚くほど安い金額で引越しができることも

 


 


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのあるHOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも
全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。